敬老の日

---------------------------------------

◆◆敬老の日の由来◆◆

​---------------------------------------

敬老の日の由来となったのは、1947年より兵庫県多可郡野間谷村(現在の多可町)で始まった「としよりの日」だと言われています。これは、「老人を大切にし、お年寄りの知恵を借りて村づくりをしよう」という主旨の敬老行事。農閑期であり気候も良い9月中旬の15日に村人が集まり、敬老会を行っていたと言います。
この小さな村の行事がだんだんと広まり、1951年には中央社会福祉審議会が9月15日を「としよりの日」と制定。その後“としより”という表現は良くないとの理由で1964年に「老人の日」と改称されます。そして1965年、「こどもの日や成人の日はあるのだから敬老の日も作るべき」という野間谷村の人々の働きかけによって、9月15日は「敬老の日」として新しい国民の祝日となったのです。

そのほかにも、敬老の日の由来は、聖徳太子が現在の孤児院や老人ホームのような役割をする施設「悲田院(ひでんいん)」を設立したのが593年9月15日だった説、元生天皇が滝から流れ出た酒を老いた父に飲ませた孝行息子の話を聞きその地=養老の滝を訪れたのが9月中旬だった説などもあります。いずれにしても、お年寄りを大切に敬う心が「敬老の日」の起源となっているようです。

​日頃の感謝を込めたギフトを・・・

敬老の日セット2.jpg

​ 敬老の日ギフトボックス A 

・にごり酒 720ml 

・鳳凰源平純米吟醸 720ml

             各1本

​ 税込み価格    3,000円

敬老の日セット.jpg

​ 敬老の日ギフトボックス B 

・源平 純米酒 720ml 

・源平 純米大吟醸 720ml

             各1本

​ 税込み価格    3,400円

延宝元年創業 万寿屋

源平酒造株式会社

〒912-0026 福井県大野市要町1-33

時短営業中  9:00 ~ 17:00 定休日 不定期

© Copyright 2019 源平酒造.All Rights Reserved.